2017年10月22日日曜日

奴らは俺たちがどれだけ感情的で最高か知らない。
音楽で立ち向かおう。どれだけ抽象的な戦いで勝ち目が低いと思っても。
望みはある。

1 件のコメント:

2017年11月20日 19:01 に投稿, Blogger MOLE MUSIC さんは書きました...

若気の至りで抵抗した日々が懐かしいなんて言いたくない。地下生活者は痛みや苦悩を孕んだ表現を決してないがしろにしない。希望さえあれば勝ち目は無くていい。負け続けてもいいんだ。音楽で作為、行為を続けれる限り、ただ終わりに向かって進んでいく

 

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

<< ホーム